特優賃とは?誰でもわかる特優賃情報サイト

特優賃を知ろう
TOPページ
特優賃とは?
特優賃の申し込み資格
資格審査に必要な書類
申し込みから入居まで
収入区分早見表
家賃体系について
家賃・補助金・入居者負担額
敷金・共益費・駐車場
入居後の毎年の提出書類

特優賃 Q&A

サイトマップ
相互リンク集

スポンサードリンク
特優賃サポートセンター

スポンサードリンク





☆【契約家賃-家賃減額補助金=入居者負担額】

  ※入居者負担額とは実際に毎月支払う家賃をさします。


 入居者負担額は、入居希望者全員の所得を合計し、所得に応じてランクが決定します。
 入居者負担額は、傾斜型家賃方式、フラット型家賃方式があります。


 ●傾斜型家賃方式とは?
   入居者負担額は毎年約3.5%ずつ(一時期相愛する場合がありますので詳しくは
   特優賃仲介業者などにお問い合わせください)引き上げられ、契約家賃に到達す
    るまで補助が受けられます。
    ※補助機関・・・原則として管理開始日から20年を限度とします。



 ●フラット型家賃方式とは?
   入居者負担額は、管理開始日より10年〜15年は一定額で変わりません。
   <注意>ただし、経済変動その他の事情により変動する場合があります。
   ※補助機関・・・原則として管理開始日より10年~15年を限度とします。
     (団地により異なりますので詳しくは特優賃仲介業者にお問い合わせください)







敷金は、契約家賃(本来の家賃の事)の3カ月分で、申込金・礼金や仲介手数料は
必要ありません。※特優賃仲介業者にお願いした場合も同じです。
敷金は、退去後に補修費などを差し引き、余りがあれば返却し、追加があれば徴収
されます。



inserted by FC2 system